ユアプレ Your Place

スノーボード・ソチ五輪代表で大麻使用した未成年は誰か調査!実名を公開!

   

スポンサーリンク

こんにちは

今朝またスポーツ界で悲しい事実が発覚してしまいましたね。

2014年に行われたソチオリンピックのスノーボード代表選手らが大麻を使用した疑いがあるということです。

今年に入ってからバドミントンの桃田選手らの件といいスポーツ界の不祥事が次々とあらわになっていっている気がします。

今回はスノーボード。

一体誰が大麻の使用をしてしまったんでしょうか。

実名こそ明かされていませんが、

【全日本スキー連盟の強化指定選手】

【男子】

【現在未成年】

【2014年ソチ五輪代表選手】

ということは公表されています。

あれ?

ここまで絞れれば何とかわかるんじゃない?

と思ってしまったのは筆者だけではありませんよね??笑

そこで調査してみることにしましょう!

まずは、2014年ソチ五輪代表選手で現在も未成年である男子選手を羅列していきます。

 

・平野 歩夢(ひらの あゆむ)選手 生年月日:1998年11月29日 現在:17歳

・角野 友基(かどの ゆうき)選手 生年月日:1996年5月18日 現在:19歳

 

・・・・・・・・

以上です。

スポンサーリンク

 

あれ?

決まりですかね。

ソチ五輪代表選手で男子を検索すると、四人の選手が出てきますが、この二人以外は全員成人していました。

 

しかし、報道では

【ソチ五輪代表選手ら二人】

と報道されていることから、おそらく一人はソチ五輪代表選手ではなかったと推測できますね!

そこで、二人に共通する

【全日本スキー連盟強化指定選手】

という条件を見ていくと

平野歩夢選手は現在、強化指定選手ではありません。

よって平野選手の線はないということになりますね。

となるともう一人は??

ということになりますが、

一体誰なんでしょうか。

また情報が入り次第更新します。

 

今回の件、平野歩夢選手はソチ五輪代表選手で未成年という理由から疑われてしまっているようですが、未成年だから名前を公表しないとこういう風にやっていない人まで疑われてしまいますよね。

そうなってしまうのであれば、未成年でも名前を公表することも考えた方がいい気がします。

 

 

スノーボードといえばなんとなくチャラチャラしたイメージがついてしまっていますよね。

ゲレンデにいるスノーボーダーの年齢層が低いこともありますが、スキーに比べて華麗な技や派手な技を繰り出すことができるスノーボードの特性上、そういった”チャラい”人々が好むスポーツというのは確かだと思います。

そんなスノーボード界で大麻の使用が発覚したという報道が出たときは正直あまり驚きませんでした。

若い選手が台頭するスノーボード界で若いうちから数々の大会に出場し賞金などで周囲の同年代の人々よりも稼ぎがある中で、好奇心から使ってしまったという容易に想像がつくからです。

サーファーやスケーターなどもやっているという話はよく聞きますし。

やはりやってはいけないことはやってはいけないこととして認識しなくてはいけませんよね!

スポンサーリンク

 

 - スポーツ

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分