ユアプレ Your Place

話題の多摩地域の寺ってどこ?『体験修行』中に不登校中学生を暴行??

   

スポンサーリンク

こんにちは

お寺と聞くとどんなイメージを持ちますでしょうか。

なんとなくですが、

”きちんとしている”という印象を持つ方が多いのではないでしょうか。

そんなところが子供を預かって修行を体験させてくれるといえば、

「子供の非行が治るかも!」「子供が忍耐強くなってくれるかも!」

なんて思いますよね!

しかし現実はそう違ったみたいです。

 

話題の多摩地域の寺ってどこの寺?

スポンサーリンク

現在、東京の多摩地域にあるあるお寺で「体験修行」というプログラムで預かっていた中学生にあろうことかお寺の住職が暴行を加えるというニュースが話題になっています。

さらに、このニュースに続く形で今朝がたには30歳の男性がこのお寺の住職から暴行を受けたとして警察に被害届を提出し受理されたというニュースも入ってきています。

 

この東京・多摩地域にあるお寺とはいったいどこなのか。

既に寺の名前は判明しており、

”臼杵山天光寺”というお寺です。

この天光寺は、東京都西多摩郡檜原村にあるお寺で個人での体験修行や新入社員研修など様々なプログラムを持っているようです。

tenkoji

より詳細な情報を求めて、ホームページにアクセスしようと試みましたが、

forbidden

このような画像が表示され、ホームページにアクセスすることはできませんでした。

(やましいことがあったから削除されてしまった???)

 

さてさて、この寺では、前述の通り「体験修行」というプログラムがあり、読経や滝行などを体験できるというものです。

しかし、その体験修行中に住職から布団たたきで何度もたたかれたり、平手で顔をひっぱたかれたりしている中学生の動画が報道され話題になっていますね。

 

体験修行中に不登校の中学生を暴行!??

さて、この体験修行中に中学生が住職によって暴行されていたという事件。

なんでも、この寺で体験修行を受けている中学生はいわゆる”不登校”の生徒だという話です。

全員が全員ではないでしょうが、

やはり中学校に通えなくなり、その解決策としてこのお寺の力に頼ったのでしょう。

修行を重ねるにつれて忍耐力もつくでしょうし、自分を見つめなおす機会にもなりますからね。

不登校の子を持つ親としては、

ずっと家に引きこもったりしているのであれば、いっそのことお寺に預けて様々な経験をしつつ学校にもう一度通えるようになればいいなと思いますね。

ただ、実際にこの体験修行の内容は何とも残念なものでした。

 

体験修行に来た学生の読経の相手をしているのは、これまた体験修行に来ている生徒。

住職はどこにもおらず、体験修行に来ている者同士で読経を教えあっている状況が多々あったようです。

また、体験修行に来ていた中学生に課されていたのは”領収書の整理”でした。

体験修行中の学生が夜寝る時間になっても領収書の整理をしている様子を写した動画も報道されていました。

「これを今日中に片付けないと、住職に怒られるから」と発言しながら、細かい領収書を丁寧にノートに張り付けている学生の姿が印象的でした。

 

このように、体験修行に来ている学生に対してひどい扱いをした上に、暴行を加えていたとされる天光寺の住職は、警察の事情聴取に対し、”やっていません”という趣旨の話をしているようです。

ただ、暴行の瞬間が既に動画で撮られていしまっている以上言い逃れはできないような気がしますがね。

一体今後この住職はどうなるのでしょうか。

 

ここ最近、お寺の住職がパワハラ関連で話題になったり今回の暴行事件といい、あまりお寺に関するいい話を聞きませんね。

と、ニュースを見ながらこの記事を書いていましたら、

97歳の住職が運転免許を自主返納したというニュースが流れてきました。

最近は、高齢者の自動車事故が後を絶ちませんからこういった住職の行動が高齢者の運転免許自主返納を促進してくれたらいいですよね。

 

話がそれましたが、

今後の天光寺での暴行事件の動向が気になりますね。

スポンサーリンク

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分