ユアプレ Your Place

心臓移植必要と虚偽の募金を呼び掛けた岩本まどかとはいったいどんな人物なのか?

   

スポンサーリンク

こんにちは

募金というとかなりクリーンな活動のイメージがありますが、

今回このクリーンなイメージを逆手に取った詐欺事件が発生しました。

皆さんもすでにご存じの通り、

岩本まどかという女性が、甥っ子の皆川りたくんに心臓移植が必要であると偽って総額1億5千万円の虚偽の募金活動を行っていたというものです。

岩本まどかに勝手に重い心臓病にかけられ、虚偽の募金を募る材料とされていた皆川りた君ですが、実際のところは全く持って健康で心臓病の手術など必要ないことが分かっています。

岩本まどかは、すでに会見を開いて謝罪を行っていますが、皆川りた君を救うためのお金をすでに岩本まどかが作った口座に入金してしまった方もいるようです。

その募金総額は、20万円ほどだということ。

岩本まどかは、短期間で大金を集めることができるということで虚偽の募金活動を考え付いたようですが、その言葉どおり、数日間で20万円程度という額が口座に振り込まれています。

未だ、この募金には手を付けていないといいますが、今回の募金を使った詐欺の手口は非常に卑怯なもので今後の”正統な募金活動”にも大きな影響があるともいわれています。

確かに、今回の一件があったことで本当にその子供が病に侵されているのかと疑う人も多くなるでしょうし、本当に募金が必要な患者さんが募金活動を満足に行えないということになりそうですよね。

これは非常に大きな問題です。

さて、今回の募金詐欺事件を起こしたである岩本まどかという女性は一体どんな人物なのでしょうか。

現在わかってる情報をまとめていきたいと思います。

 

岩本まどかとはいったいどんな人物なのか?

スポンサーリンク

今回の卑劣な詐欺事件を起こしたのは、

東京都品川区の岩本まどかという女性で、年齢は36歳です。

甥である皆川りた君という男の子が重大な心臓疾患である”拡張型心筋症”だとして、

「りた君を救う会」なる団体を立ち上げ、ホームページまで作成し募金を募っていました。

その目標金額は、1億5000万円。

使用目的は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州での手術費のためでした。

動機は?

さて、岩本まどかが今回の詐欺計画を考えた理由は何だったのでしょうか?

ずばり、動機は金銭面です。

 

岩本まどかは、生活に困るほどの貧困状態に陥っており同居している父親から”死にたい”といわれてたことがきっかけで、

「これは何とかしなくては」

と考えに考え、今回の詐欺を思いついたそうです。

ただ、自分の甥っ子を病気にしてその募金活動を行おうというのはかなり卑劣ですよね。

 

さらに、

岩本まどかは、自身がADHDであると告白しています。このADHDが原因で仕事も追われて貧困状態に陥っていったようです。

このADHDというのは、注意欠陥多動性障害というもので、発達障害の一つです。

ただ、知的能力に問題があるわけではなく、

”落ち着きがない”

”不注意がち”

などの症状がでるのだそう。

 

ただ、

ADHDだからといって、

今回の詐欺事件は仕方ないよねなんてことはありません。

知的障害はADHDには含まれてませんので、考えることは十分できたはずです。

だって、今回の詐欺事件を考えることができたのですから。

 

今回の人のやさしさに付け込んだ犯行。

全く許すことができませんね。

ただ、今現在岩本まどかは逮捕されていません。

今後彼女の身柄がどうなっていくのか、また今回の事件で岩本まどかの詐欺に使われてしまった甥っ子のりた君の今後が気になって仕方がありません。

 

スポンサーリンク

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分