ユアプレ Your Place

【博多】道路陥没事故の復旧にはどれくらいかかる?

   

スポンサーリンク

福岡県福岡市博多区の博多駅前で、道路が大規模陥没した事故

これによって現在でも停電や各種システム障害などの影響が出ています。

また、時間の経過共に陥没の範囲も広がりを見せていることなどから、周辺の地域には避難勧告が出ています。

さて、今回の陥没事故は博多駅から天津南駅にかけての福岡市営地下鉄七隈線の延伸工事中に起きたものです。

詳しい原因に関しては未だ明らかになっていませんが、陥没した穴の底にはかなりの量の水が溜まっていたとのことです。

今後詳しい原因や事故発生理由がわかりましたら、更新していきたいと思います。

 

復旧にはどれくらいの日数がかかるのか?

スポンサーリンク

さて、今回の道路陥没事故は博多駅のすぐそばの道路で起きました。

場所が場所なだけに、普段は多くの人が行きかう道路で博多駅を利用する人からするとなくてはならない道路でした。

しかし、今回の事故で道幅いっぱいが崩落してしまったために現在は通行止めの措置がなされています。

 

さて、ここで気になるのが道路の復旧・開通はいつ頃のなるのかということではないでしょうか。

発表によると、事故現場は、幅約27m、長さ30mにわたって陥没してしまっているようです。

また、深さは15mにもおよび周辺の建物の基礎部分が見えてしまっている状況です。

ここまで大規模でひどい道路陥没事故は近年報告されておらず復旧のめども立っていない状況だそうです。

また、延伸工事中ということで既に地面は掘削されているため通常の崩落事故よりも復旧工事には多くの皇帝が必要でしょう。

また、あまり急ぎすぎて突貫工事をしてしまうと、また再崩落する可能性も否定できません。

ですので、

少なく見積もっても1ヶ月ほどは道路の復旧・開通に時間がかかるのではないでしょうか。

かなり大掛かりな復旧工事になるでしょう。

また一部情報では博多地域周辺はもともと地盤がゆるくなる性質があり雨が降り続いただけでもすぐに地盤が緩み、崩落する可能性もなくないとのことでした。

今回で地下鉄七隈線の延伸工事関連の道路陥没事故は2件目ですが、

再発の内容に、復旧工事は細心の注意を払って進めていってもらいたいですね。

スポンサーリンク


 

博多駅前の道路陥没の原因・理由は地下鉄七隈線?過去にも同じような事故があった!?


 

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分