ユアプレ Your Place

慶應広告研究会の加害者達に処分が決定!就活でブラックリスト入り?

   

スポンサーリンク

こんにちは

11月といえば大学の学園祭の季節ですよね。

大学の街区円債の中でも一番花のあるイベントが、ミス・ミスターコンではないでしょうか?

その大学内の一番の美女と美男を決定するというもので、それはそれは注目度が高いイベントです。

特にミスコンテスト、通称ミスコンは女子アナウンサーの登竜門として知られ、特に難関大学のミスコン出身者の中には高校時代から女子アナになるためにその大学を目指し、そしてミスコンに出場しているという学生も少なくないほどです。

さて、そんなミスコンなかでも特に注目度の高い大学が、

慶應義塾大学です。

しかし、先月10月に発覚した慶應義塾大学広告学研究会の不祥事によって注視になるという結果になってしまいました。

その不祥事というのはみなさんご存知の、広告学研究会のメンバーらによる女子学生の集団暴行です。

海の家を運営していた当該研究会のメンバーは、神奈川県の葉山というところにある合宿所に女子学生一人を呼び出し、飲酒を強要し昏睡させたうえで集団暴行に及びました。

中には、その様子を友人にビデオ通話で実況する学生もいたらしくかなり批判の対象になっております。

更に、事件の全容が写っている写真を文春記者に売りつけようとしたということが週刊文春の記事に書かれており、学生の民度の低さが知れ渡った事件でもあります。

さて、そんな悪質な事件を起こし、さらには女子アナなることや芸能界入りを夢見る女子学生の志を棒に振った加害者六人について事件が発覚してから数週間がたつ中、いまだに注目が集まっています。

 

慶應広告研究会の加害者たちの就活はお先真っ暗??

スポンサーリンク

さて、慶應義塾大学と聞くと皆さんはどういうイメージをお持ちでしょうか?

お坊ちゃま。

お金持ち。

社長の息子。

帰国子女が多い。

就活に強そう

賢い

 

などなど結構いいイメージ(お坊ちゃまとかはどうかわかりませんが(笑))がありますよね。

中でも就職活動に関しては、やはり日本の大学の中でもトップクラスにいい大学として知られています。

その強さの秘訣が、

三田会の存在

です。

三田会というのは、慶應義塾大学卒業生の作る会で要はOB会です。

しかし、慶應のそれには業界問わず様々な大物が関与しています。

もともと慶應義塾は縦のつながりが強い大学として有名で、就職活動にはしばしばその”コネ”が使われるといったうわさも流れるほどです。

ただ、縦のつながりが強いということはいいことばかりではありません。

(普通にしている慶應生にとってはいいことばかりです(笑))

今回の加害者たちの場合、

まだ未成年であったため、加害者として実名が公開されずに済んでおり、さらに顔写真なども公開されていません。

しかしながら、慶應生の中ではこの加害者たちのことを知っている学生がいるのは当然のこと。

また、学校内部ともつながりが強いOBもいることから実際には三田会所属の卒業生が興味を持ってしまえば、一体誰が加害者なのかというのはすぐに特定できてしまいます。

ですので、これらの加害者の学生はいくら成績が良くても今回の事件のことで多くの大企業の中で”有名”になってしまいます。

従って、こういった一般的に言う”いい就職先”から内定を取ることは難しくなるでしょう。

また、

大学側からも加害者の6人のうち、すでに4人への処分が下されています。

うち、3人は無期停学。

1人はけん責ということでした。

これらの処分の差は事件にどれくらいかかわったのかということからくるものでしょうが、それにしてもほかの2人の処分はどうなっているのか気になるものですね。

既に無期停学を宣告された3人が今後復学できるのかは定かではありませんが、もし退学処分になれば「慶應義塾大学卒業」という箔がつかなくなってしまいます。

また、大学側は今後この事件が刑事事件として立件されるのであれば、処分の変更もあり得るとしています。

今後加害者の学生たちはどうなっていくのか、皆がうらやむ慶應義塾大学の学生なだけに注目が集まりそうですね。

それにしても、お酒って怖いですね・・・。(;’∀’)

スポンサーリンク

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分