ユアプレ Your Place

西大和学園のアメリカ修学旅行事故の原因や真相は?事故現場の場所はどこ?

   

スポンサーリンク

本日非常に痛ましいニュースが入ってきました。

関西の名門私立中学校の西大和学園中学の男子生徒が修学旅行中に遺体で発見されたというものです。

男子生徒は中学校の修学旅行でアメリカを訪れていたそうで、ホームステイ先の男性も男子生徒と一緒に遺体で発見されています。

付属高校の西大和学園は東大進学率の非常に高い学校として有名ですし、なおかつ修学旅行中にこのようなことがあったということで、非常に悲しい事件として取りざたされています。

一体この転落事故はどうして起こったのか、今わかっている情報をまとめていきたいと思います。

 

西大和学園中学のアメリカ修学旅行事故の詳細

今回亡くなった男子生徒を含む西大和学園中学三年生の学生は、10月26日から11月5日までの日程でアメリカに修学旅行で訪れていました。

情報によれば、宿泊施設はホテルを使わずホームステイを行っていたとのこと。

やはり国際的な教育方針を掲げる西大和学園ですから、ホテルでのステイよりも外国人とのコミュニケーションがたくさん取れるホームステイを選択していたのでしょうかね。

今回男子学生が遺体で見つかったのは、10月29日の夜7時ごろのこと。

山の崖下から見つかった男子学生だけではなく、男子学生がホームステイをしていたホストファミリーの男性の遺体もあったということです。

現場の状況から、二人はハイキング中に誤って崖下に転落したのではないか?といわれています。

二人とも転落していたことから、

「ネット上では男子学生が転落しそうになったのを助けようとしてホストファミリーの男性も一緒に転落してしまったのではないか?」

「いやいや、ホストファミリーの男性を助けようとした男子学生も一緒に誤って転落してしまったというのも考えられる。」

など、様々な憶測が出ていますがニュースを読んだ人々は軒並み、

不慮の事故

だったのではないか、という見解をお持ちの様です。

ただ、日本国内ではあまりに情報が少ないために具体的な状況がつかめていません。

 

そこで事故現場のことや、より詳細な情報を知るべくアメリカの地元紙のニュースサイトで該当記事を探してみました。

 

アメリカの地元ニュースから判明!?事故現場や詳しい事故の内容

スポンサーリンク

今回、男子学生がホームステイを行っていたのはアメリカ合衆国のユタ州という州でした。

地元ニュース記事によれば、亡くなったのは中国人の男子学生のようです。

事故現場は、ユタ州にあるブライダルヴェール滝という場所。

このブライダルヴェール滝は、地元民や観光客に人気のハイキングスポットとなっており難所も少なく比較的安全な場所なようです。

しかしながら、やはり自然ですのでところどころにはそれなりの難所があり、特別なスキルや装備が必要になることもあるのだとか。

ただ、この滝周辺での事故やけがの報告は今回のような転落事故のケースは非常にまれらしく、危険な場所があるといってもねん挫や打撲など軽いけがの報告があるくらいで、最悪のケースでも骨折程度のものなのだそうです。

では、一体なぜこのようなことが起きてしまったのか。

地元紙によれば、

男子学生はホストファミリーの男性とProvo Canyonというところをハイキングしていたようです。

provo

こちらがそのProvo Canyonの画像です。

非常にきれいな場所で景色を楽しみながらドライブなんて言うこともできるみたいです。

 

事件の詳細についてですがどちらが先に転落したのかや、転落の原因は何なのかは明らかになっていないとのことです。

奇妙なことに男子学生の遺体は滝の東側で発見され、ホストファミリーの男性は滝の西側で発見されたそうです。

滝の西側は捜索が困難な場所であり、ホストファミリーの男性の遺体が発見されたのは男子学生の遺体が発見されてから一日たった後のことだったそうです。

一体何があったのか、いまだにわかっていませんが、

ホストファミリーの男性はハイキング途中に撮った男子学生とのツーショット写真を妻に送信していたそうです。

おそらく二人ともきれいな景色を見ながらのハイキングを楽しんでいたのでしょう。

 

一体どうしてこのような悲惨な結果になってしまったのか。

優秀な子が集まる西大和学園の生徒さんということもあり、親御さんのお気持ちを考えると胸が痛みます。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

 

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 6 分