ユアプレ Your Place

【高畑裕太事件】被害者女性の知人男性とは誰なのか?すぐに診断書を手配する切れ者??

   

スポンサーリンク

こんにちは

撮影のために滞在していたホテルで従業員の女性を襲ったとして逮捕された俳優の高畑裕太。

事件が報じられた直後は、高畑裕太が一方的に悪いのではないか?という見方が大勢でしたが、最近ちょっと違った見方も出てきています。

事件発生から時間がたつにつれて、事件に関していろいろと謎な点が出てきました。

ネット上では、「ハニートラップ説」も囁かれ始めています。


 

※関連記事

高畑裕太逮捕に”ハニートラップ”の可能性が囁かれている理由は?真相はどうなのか?

高畑裕太の父親は韓国人という噂の真相は?大谷亮介や黒崎輝が父親?

高畑裕太に襲われた被害者女性の顔画像が流出?しかしデマ&ガセ情報と発覚し批判殺到!


 

 

さて、そんな中かねてから疑問に思う方が多かった”通報者の男性”に関する情報がだんだんわかってきました。

被害者に代わり、深夜に警察に110番通報した”被害者女性の知人男性”とはいったい誰なのでしょうか?また、どんな人物なのでしょうか?

今回はこれらについて見ていきたいと思います。

 

被害者女性の知人男性とはいったい誰なのか?

スポンサーリンク

そもそもなぜこの”知人男性”が注目されているのか簡単に見ていきましょう。

高畑裕太がホテルの従業員を襲ったとされるのは午前2時です。

しかし、すぐに通報は行われず、警察に通報が入ったのは事件発生から一時間半ほどたった後でした。

さらに、被害者本人が警察に通報したのではなく、”被害者女性の知人男性”が代わりに通報を行ったということです。

たしかに、性的暴行をされた女性は相当な精神的ショックを受けているに違いないですから自分から通報するというのがはばかられたということは考えられますね。

しかし、事件が起きたのは午前2時でした。

この時間に起きている人ってなかなかいないですよね。

おそらく被害者女性はこの”知人男性”に相談をしたのでしょう。

何度も電話を鳴らしたのかもしれません。そしてこの事件のことを知った知人男性は女性に代わり午前3時過ぎに警察に通報することになります。

「加害者は高畑裕太だ。」と犯人を名指しする形での通報だったということです。

ということで、ここで気になるのがいったいこの知人男性とは一体何者なのか?ということです。

 

ある情報によると、この知人男性は”弁護士”ということです。

報道では、”知人男性”ということでしたが、”弁護士”となるとただの知人なのか、それとも弁護士とクライアントの関係なのかは定かではありません。

しかし、これ以上ないくらい適任な”知人男性”に相談を持ちかけ警察に通報したことになります。

ネット上では、「出来すぎた話だ」なんていう声も出ていますが、まぁ知人に弁護士がいるというのは珍しいことではありませんから、何とも言えませんね。

この”知人男性”に関しては、職業が弁護士ということくらいしか現在のところ分かっていないのですがどうやらこの”知人男性”が事件後に取った行動が「冷静すぎて切れ者感が半端ない!」といわれています。

その行動とはいったいどういったものだったのでしょうか。

 

知人男性はすぐに診断書を手配する切れ者??

さて、知人男性がとった冷静かつ効果的な行動とはいったい何だったのでしょうか。

それは、医師による診断書を深夜にもかかわらずすぐに手配したことです。

どういうことか。

高畑裕太容疑者は、強姦致傷の容疑で逮捕されましたが、警察がこの容疑で容疑者を逮捕するには被害者が傷を負ったことが確認できる医師による診断書が無くてはなりません。

おそらくこの知人男性は、弁護士という職業柄こうしたことには詳しかったのでしょう、深夜にもかかわらず診断書を手配し警察に渡したとのことです。

かなりの切れ者であることは間違いないですね。

ただ、これに関してネット上では、「深夜にどうやって手配できるの?計画してたのか?」など、実はこの知人男性と被害者女性が共謀して高畑裕太容疑者をハメた可能性もあるのでは?という意見も出てきています。

だとしたら狙いは何なのでしょうかね。

お金?怨恨? う~ん、ちょっとわからないですね。

一体真相はどうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分