ユアプレ Your Place

高畑裕太逮捕に”ハニートラップ”の可能性が囁かれている理由は?真相はどうなのか?

   

スポンサーリンク

こんにちは

滞在先のホテルで勤務していた女性に忌まわしい行為をしたとして逮捕された俳優の高畑裕太。

俳優活動を始めてから4年の月日がたち、ようやく多くの人に名前を知られる存在になったころだっただけに、かなり注目が集まっています。

今回の事件では既に普通なら絶対に出回らないであろう”被害者女性の写真”が出回るといった異常な状態が発生したり(実際は赤の他人の画像でしたが・・・)、母親である高畑淳子さんのCM自粛や出演ドラマへの影響が報じられています。

様々なところに迷惑が掛かっている今回の事件ですが、驚きの説が出てきました。

その驚きの説とは何か。

それは、

「ハニートラップ説」です。

以前このサイトでもご紹介した「極楽とんぼ・山本圭一さんの事件」のように、この事件の真相は「被害者女性のハニートラップ」だったのではないか?といわれています。


 

※関連記事

極楽とんぼ・山本圭一事件の真相がエグい!被害者写真から見えるその素性とは?

高畑裕太に襲われた被害者女性の顔画像が流出?しかしデマ&ガセ情報と発覚し批判殺到!

高畑裕太の父親は韓国人という噂の真相は?大谷亮介や黒崎輝が父親?


 

さて、これが本当ならば極楽とんぼの山本さんのように、国民が事実とは異なる内容を事実と思い込んでしまい芸能界への復帰を難しくしてしまうかもしれません。

では、いったいなぜ今回の事件は「ハニートラップ」といわれているのでしょうか。

 

高畑裕太逮捕にハニートラップの可能性が囁かれている理由とは?

スポンサーリンク

さて、高畑裕太逮捕に関してはいろいろな情報が流れています。

先程も書きましたが、”被害者女性の顔画像”として全くの別人の顔画像が流出するということも起きています。

そんな中、「今回の高畑裕太逮捕はハニートラップを仕掛けられた結果なのでは?」という見方があるようです。

これは一体どういうことなのでしょうか。

これには主に四つの理由があるとされています。

理由①:通報時間

まず一つ目は、警察への通報時間です。

事件が起こったのは、午前2時ごろのことでした。

しかし、110番通報がされたのはそれから1時間半たった午前3時半ごろ。

普通に考えれば、被害者女性は高畑裕太に襲われた後、部屋を出ると同時に警察への通報を考えるのが妥当だと考えられます。

しかし、この被害者女性はすぐには通報しなかった。

これがまず一つの不審点です。

 

理由②:通報者

さて、先ほどは通報のタイミングが事件発生から時間が経過しすぎていることが不審に思われると書きました。

それに加えて、今回の事件では通報者が”被害者女性の知人の男性”だったことも不審に思われる点です。

当時被害者女性は一人で勤務を行っていたとされていますが、もしそうだとしたら自分で通報するか、上司や会社関係の人に相談するのが筋ではないか?と「ハニートラップ説」を唱えている人は考えているようです。

理由③:相手が高畑裕太だと知っていた

3つ目の理由として挙げられているのは、被害者女性が相手が高畑裕太であると認識していた点です。

通報の際に、「加害者は高畑裕太だ」と名指しで警察に通報している時点で相手が俳優の高畑裕太であることを知っていたことになります。

もし、金銭目当てのハニートラップなら相手が売れっ子俳優で更に二世タレントでお金持ちということが分かっているのは良いことですよね。

しかし、冷静に考えれば撮影のために長期滞在するということでホテルのフロントには宿泊者名簿などもあるでしょうし、ホテル側も俳優やテレビ関係者が宿泊するという情報くらいは共有していることでしょう。

ですから、この理由は弱いですね。

 

理由④:深夜の女性一人勤務体制

さて、最後に挙げられている理由が、ホテルの勤務体制についてです。

事件が起きたのは、深夜の時間帯。

通常こういった時間の勤務には、男性が任されることが多いです。

しかし、この深夜の時間帯に女性が、それも一人で勤務していること自体セキュリティ面や従業員の安全面で問題があるといえるのではないか?といわれています。

確かにそうですが、これに関しては地方のホテルの雇用状況なども関連してくるでしょうから女性が一人で深夜に勤務していたことがハニートラップ説を裏付ける理由になるとは思えないですよね。

ただ、まぁ不自然といえば不自然に思えますが、ホテル側からすれば「日常茶飯事で今まで問題が起きたこともありません」というところでしょう。

 

結局、ハニートラップ説の可能性はあるのか?

今までハニートラップ説を裏付けるとされている四つの理由を簡単に見てきました。

しかし、筆者の意見としては、

これではハニートラップと言い切れないのではないか?

もっと言えば、

ハニートラップではないでしょ。

と感じます。

上に挙げた四つの理由はどれも、

・当時女性が一人で勤務し、同僚や上司はいなかったこと。

・性被害であるためかなりの精神的ダメージを受けていたこと。

・地方のホテルであること。

などで説明がついてしまうんです。

 

それに、もっともハニートラップ説を否定する証拠として、

”高畑裕太は容疑を認めている”ということです。

換言すれば、女性が言っていることに間違いはないということを高畑裕太本人が認めているのです。

ですから、ハニートラップの可能性はかなり低いのではないか?と考えられます。

 

ただ、ハニートラップではないのか?という人の中には、

ハニートラップにかかってしまった以上、何を言おうと「暴行しておいていまさら何を言うんだ」といわれてしまい、事実関係を認めることしかできないではないか?と主張する人もいます。

確かに、その可能性も見捨てるわけにはいきませんね。

一体事実はどうだったのかというのは当事者たちにしかわからないことですが、個人的には高畑裕太本人が自供しているのだからハニートラップというのは違うんじゃないかな?と思っています。

スポンサーリンク

 

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 7 分