ユアプレ Your Place

小林麻央が余命3ヶ月といわれる理由は!?「腹水」が物語る現実とは!?

   

スポンサーリンク

フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんであるということが報じられ世間の注目を集めましたよね。

そんな中、小林麻央さんの「余命」について気になる方が多くなっています。

なんでも麻央さんの乳がんの進行度合がかなり深刻なものであるため、「余命」が話題に上がっているようです。

通常、がんの進行具合の指標は「ステージ」というもので表されます。麻央さんの乳がんのステージは3~4といわれています。

ステージに関しては以下の記事にもまとめましたが、ステージ3~4はがんの摘出手術が困難になり、がんの進行を食い止めるべく放射線治療や抗がん剤治療での治療に頼るしかない状況です。

※関連記事

小林麻央のがんの病状や進行具合・ステージは!?治療法や生存率は!?

こうなると余命はかなり限られてくるという話もあります。

最近ネット上では「小林麻央さんの余命は残り三か月ではないか?」といわれています。

信じたくない情報ですが、なぜそういわれているのか見ていきたいと思います。

 

小林麻央が余命3ヶ月といわれる理由は!?

スポンサーリンク

さて、小林麻央さんの余命が3か月といわれてしまっている理由についてみていきます。

この情報は、2ch掲示板などで一気に話題になった情報ですが根拠となるのは小林麻央さんの乳がんが報道されたのに伴って開かれた夫の市川海老蔵さんの記者会見にありました。

どんな発言だったかというと、

「今年の夏は休暇を取って旅行にでも行きたい。」

という発言です。

海老蔵さんは巡業などで夏休みでも忙しくされているそうですが、今年の夏は休暇を取って家族で旅行に行きたいと発言されています。

家族というのは、二人の子供ともちろん妻の麻央さんのことでしょう。

となると、家族で旅行に行けるのはこのタイミングしかないということなのでしょうか。

余命を宣告されて、その余命が思ったよりも短く今年の夏が最後の思い出づくりに最適だと思ったのではないでしょうか。

麻央さんが乳がんを患っていることがわかってから1年と8か月が経過しているそうですが、病状は未だ”深刻”だといわれています。

当初は進行性がんといわれていましたが、一部では”末期がん”ナノではないかとも言われてしまっています。

これには信ぴょう性がありませんが、どうしても海老蔵さんの”旅行”発言も相まって、現実味が増している印象です。

 

「腹水」が物語る現実とは!?

さて、小林麻央さんの現在の病状について気になっている方も多いと思います。

最近、麻央さんは「腹水」であるといわれています。

「腹水」という言葉を初めて聞いた方も多いと思います。筆者も今回初めて聞きました。

調べてみると、

「腹水」とは腹腔に水が溜まってしまう症状だそうです。

この症状が出るのは末期がんを患っている患者だそうで、この「腹水」が小林麻央さんの深刻な症状を物語っています。

腹水の症状が出始めると、腹腔にたまった大量な水により他の内臓が圧迫され、臓器に悪影響を与えます。

こうなってしまうと乳がんの治療に加えて体内の水を抜く治療を行わなくてはならず、麻央さんの体にもかなりの負担がかかることでしょう。

麻央さんの病状に関してはまだまだ信ぴょう性の高い情報は出てきていませんが、海老蔵さんの記者会見での神妙な面持ちから察するに、かなり深刻なようです。

現在は、手術を行えるように抗がん剤治療を行っているとのことですので、その治療が効いてがんの摘出を行えたらいいですね。

一刻も早く麻央さんの病状が快方に向かうことが願われます。

スポンサーリンク

 - 芸能

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分