ユアプレ Your Place

小林麻央のがんの病状や進行具合・ステージは!?治療法や生存率は!?

      2016/06/16

スポンサーリンク

こんにちは。

本日とてもつらいニュースが報道されました。

一年ほど前から極端に姿を見せなくなっていたフリーアナウンサーの小林麻央さんが「進行性がん」の治療で入院しているということです。

kobaya

小林麻央さんと夫の市川海老蔵さんが二人で人間ドックを受けたところ「進行性がん」であることが分かったようです。

小林麻央さんと海老蔵さんとの間には、2人の小さい子供がいますので家族にとってもとてもつらい状況だと思います。

ネット上にも小林麻央さんの子供のそばにいられない母親の気持ちを察しての励ましコメントなどが多く見られました。

 

今回この記事では、小林麻央さんに関して多くの方が気になっている以下のテーマを見ていきたいと思います。

 

・小林麻央のがんの病状やステージは??

・治療方法や進行度・ステージは??

の二つのテーマを見ていきたいと思います。

※関連記事

小林麻央の体調不良(乳がん)が妹・小林麻耶の長期休養の原因だった!?

 

小林麻央のがんの病状や進行具合・ステージは??

スポンサーリンク

さて、当初小林麻央さんの病名については「進行性がん」ということで発表されていました。

いったい「何がん」なの??

と気になる方が多かったと思いますが、夫の海老蔵さんが午後に開いた記者会見で小林麻央さんは「乳がん」を患っているということがわかりました。

小林麻央さんは現在33歳でまだまだ若いのに本当に気の毒です。

 

では、小林麻央さんの乳がんの病状はどうなのでしょうか。

記者会見で夫の海老蔵さんは麻央さんの乳がんが発覚した際にすでに担当医から、

「スピードの速いもので、なかなか大変」

と病状の深刻さを告白されたそうです。

 

普通がんが発覚した際には、進行具合の指標である「ステージ」というものがあります。

ステージは、ステージ1からステージ4までで表され、ステージが進むほど病状は深刻さを増していきます。

麻央さんの乳がんの進行具合・ステージについて今回開かれた記者会見で海老蔵さんが記者から質問され、

「全部聞いているが、『深刻』という言葉でご理解いただきたい。手術に至らなかったので、現在抗がん剤治療をしている。」

と答えています。

乳がんの治療は早期発見が肝とされているのは皆さんもご存知かと思いますが、その理由としてステージが進むにつれて手術を行うことが困難になるということが挙げられます。

ステージ1~ステージ2までの間であれば、手術をしてがんを摘出することが可能だそうです。

しかしながら、がんが進行しステージ3になると手術を行える場合とそうではない場合にわかれるといい、ステージが4になると手術は困難になり他の治療手段に頼らざるを得ないということです。

「手術には至らず、現在抗がん剤治療をしている」

という発言から見れば、ステージは3か4であることがわかります。

ステージ3からは、しこりが胸の中で大きくなりりんぱ同士が癒着したりすることによってわきや胸骨内側のリンパ節にがんが転移してしまうことがあるようです。

こうなってくると手術による全摘出が困難となり、抗がん剤治療や放射線治療、ホルモン療法による治療を行うほかしかないそうです。

 

では、ステージ4とはどういう状態なのでしょうか。

ステージ4になると、乳がんであっても肺や肝臓などほかの臓器にがんが転移している状況です。

このことを「遠隔転移」といいますが、こうなってしまうと手術は極めて困難なため他の治療方法を選択することになります。

 

ステージ3~4の治療法や生存率は!?

さて、前項では小林麻央さんの乳がんの病状と進行具合・ステージについてみてきました。

まとめると、小林麻央さんは乳がんを患っていて、ステージは3~4だということです。

では、ステージ3~4の治療にはどんな方法がとられるのでしょうか。

海老蔵さんの記者会見でもありましたが、現在小林麻央さんは「手術をするための抗がん剤治療」を行っているといいます。

おそらくほかにも食事療法やホルモン療法などいろいろと地用方法もありますが、小林麻央さんが受けられているというのは”抗がん剤治療”です。

抗がん剤治療は別名薬物療法といわれ、抗がん剤によってがん細胞が増殖してしまうのを抑えるというのが目的です。

 

抗がん剤治療を行うメリットは、手術治療ががん細胞を局所的に摘出する部分的な治療であるのに対して、抗がん剤治療は広範囲にわたってがん細胞にアクセスすることができます。

ただ、抗がん剤治療による副作用はかなりつらいもので、がん細胞も正常細胞にも影響を与えてしまうので、脱毛や口内炎、吐き気や深刻な貧血などを起こしやすくなるそうです。

また気になる生存率ですが、がんでは「5年生存率」というのがよくつかわれます。

その5年生存率で言うと、

ステージ3:69.7%

ステージ4:32.2%

です。

ステージ3からステージ4に一つステージが上がっただけで倍以上の差があります。

小林麻央さんのステージがどうかステージ3でとどまっていてほしいですね。

乳がんに対する治療法はほかのがんに対するものよりも治療方法が多いそうなので、どうかがん治療が実って小林麻央さんが回復するのを願いたいです。

スポンサーリンク

※関連記事

小林麻央が余命3ヶ月といわれる理由は!?「腹水」が物語る現実とは!?

 - 芸能

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 7 分