ユアプレ Your Place

【行方不明】北海道旭川市・佐藤智広君は何故発見されないのか?凍死の可能性はあるのか?

   

スポンサーリンク

こんにちは

佐藤智広君という名前を覚えていますでしょうか。

佐藤智広君は2012年1月15日夜に家を出て以来行方不明になってしまった当時13歳で中学一年生の男の子です。

場所は北海道の旭川市。

1月の北海道というと凍えるほどの寒さです。

失踪したのは、夜の九時半ごろだそうなのでかなりの寒さだったと想像がつきます。

 

智広君に関する情報は以下の通りです。

 

・氏名:佐藤智広(さとうともひろ)

・年齢:13歳(失踪当時)現在は17歳?

・身長:165㎝

・体重:50㎏

・眉間に茶色いあざ

・ハスキーボイス

・服装:黒のダウンジャケットに青と白のチェックシャツ(失踪時)

・左右で靴ひもの色が違う白のスニーカー

 

以上が智広君に関する情報です。

 

智広君の失踪の原因は??

 

智広君が失踪してしまった原因は、姉との口論であるといわれています。

それもTVのチャンネルをめぐる口論だったようです。

精神的にも不安定な時期である中学一年生だった智広君は、壁をけ破ったり自分の貯金で買った大切な携帯ゲーム機を壊してゴミ箱に捨てたりしたようです。

その後、仕事から帰宅した母親がゴミ箱にある壊れたゲーム機を見て事情を聴きました。

すると、智広君ははたまた激怒し壁を蹴ったり暴れたりしたそうです。

その後、自室に戻って薄手の黒いダウンジャケットだけを羽織り家を出ていったそうです。

 

失踪時の服装に関して、真冬の北海道で夜の九時に出かけるときの格好ではありませんよね。

失踪時の2012年1月15日の夜の外気温は、氷点下15度だったということです。

こんなのでは長い間外にいられたもんではありませんよね。

おそらく智広君には長い間外にいる予定ではなく、すぐに家に戻る予定だったのではないかな?と思います。

または、知り合いの家に転がり込むなどどちらにしろ屋外に長くいようとは思っていなかったのだと思います。

母親もその時の服装や状況から、頭でも冷やしに行ったのだろうと思たそうで家で智広君の帰りを待っていたそうです。

しかしながら、智広君が家を出てから一時間ほどたっても帰ってこなかったため母親は車で探しに行ったそうです。

これが智広君行方不明事件の始まりでした。

 

智広君はなぜ発見されない??不可解な点が多ある!

スポンサーリンク

智広君は失踪当時13歳で中学一年生です。

車も運転できなければタクシーを捕まえて遠くに行けるほどの大金を所持しているわけではありません。

ということで発見は時間の問題かと思われていましたが、現在まで智広君が発見されることはありません。

何故これだけ年月が経っても智広君は発見されないのでしょうか。

理由はこの行方不明事件の不可解な点にあります。

 

この智広君の行方不明事件には不可解な点があります。

・佐藤智広君の目撃情報が何一つない。

・佐藤智広君の痕跡が何一つない。

 

警察が智広君の失踪を受けて捜索を開始しましたが、智広君の目撃情報が何一つとして出てくることはありませんでした。

智広君の家は団地内にあるために比較的人に見られやすい環境だったと考えられますが、誰一人として智広君を目撃した人はいませんでした。

さらに、智広君が利用可能な公共交通機関の駅や車内の防犯カメラを確認しても智広君の姿は発見されることはありませんでした。

智広君を載せたというたぐいのタクシーもなく、智広君が家出をした時間に周辺を粗横行していた車の車載カメラを確認しても一切智広君の姿はとらえられていなかったということなんです。

こういったことって本当にあるのでしょうか。

犯罪者が意図的にカメラや人の目から姿をくらまそうとしているのならわかりますが、中学一年生の男の子が防犯カメラや人の目から完全に姿をくらますことなど可能なのでしょうか。

そもそも服装などから、遠くに行こうなんて微塵も思っていなかったと思いますし所持金も1000円だったということですのでカメラや人の目を気にするなんて考えられません。

智広君からしたら、「俺は家出をするぐらいおこっているんだ!」という気持ちの表現だったと思いますが、その結果行方不明になってしまうというのは納得がいきません。

 

考えられることとしては、

家出をしたのち夜道を歩いているときに何らかのアクシデントや事件に巻き込まれた

ということです。

 

第三者からの力が加わらない限り智広君の意思に反して、長い間屋外にいるということは考えられませんからね。

ネット上には、

暗い夜道を歩いていて前方不注意の車にはねられそのまま運転手によってどこかに運ばれて行ってしまったのではないか。

という推測も出ています。

しかし、そうしたことがもしあったとしても目撃者がいるはずですよね。

誰にも見られず、智広君と運転手だけその場に存在したというのはなかなかの偶然だと思うのですが・・・。

一体真相はどうなのでしょうか。

 

どこか知り合いの家にかくまわれていて現在も普通に生活している

なんていうことだったら安心ですね。

命に問題はないのですから。

 

凍死の可能性はあるのか?

智広君の失踪後に、「凍死」を心配する声が多数ありました。

結論から言うと智広君が屋外に長い時間いた場合、凍死してしまうリスクはかなり高いと思います。

人間は体温の変化に弱い生物ですので、体温が34度以下になってしまうと生命機能に異常が生じ始め27度以下になると完全に凍死してしまいます。

一概に外気温が何度のところに何時間いたら凍死してしまうというのはありません。

しかし、智広君が家を出たときの外気温はマイナス15度だったということですし、智広君の服装は薄手のジャンパーを羽織っただけというかなり身軽なものですから長い間外の世界にいたら体温の低下は免れていないと考えられます。

 

しかし、智広君が凍死してしまったのか?という質問に対してはイェスとは答えづらいと思います。

なぜなら氷点下15度の中で薄手の衣類しか身に着けていない状態で凍死した場合、おそらく家を出てからそこまで時間は経過していないと考えられます。

そのため、遺体が自宅近くで発見されるはずなんです。

警察はヘリコプターなどでも捜索してるので少なからず遺体の発見はできるはずなんです。

しかしながら、智広君のそうした情報はない。

ということは、凍死してしまったというのは考えずらいのではないかなと思います。

 

智広君は現在も行方不明です。

智広君に関する情報が提供されて発見につながることが願われます。

スポンサーリンク

 - 事件・事故

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 8 分