ユアプレ Your Place

仁科亜季子の元旦那は電通?4度のがんとの闘病をノンストップで告白!

   

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は女優の仁科亜希子さんについて書いていきますよ♪

nisina

 

4度のがんとの闘病をのストップで告白!

 

これまでに度重なるがんとの闘病生活を続けてきた女優の仁科亜季子さんがフジテレビの朝の情報番組「ノンストップ」で『4度目のがんとの闘病生活』が取り上げられます。

2015年9月にがんが再発し3度目の手術を行っていたことが発表されたときは、これ以上の再発はしてほしくないと体調の回復を願う声が数多く聞かれましたが、

残念ながら結果的にはがんが再発し、四度目のがんとの闘病生活を贈っていたことが分かりました。

1度のがんとの闘いでもかなりの体力と精神力を奪われるのに、それをもう4度もだなんて、お辛いのによく頑張っていらっしゃいますよね。

今度こそ、5度目のがんの再発が起こらずに元気に過ごしていけるよう願っています。

 

仁科亜希子の元旦那は電通の社員だった??

スポンサーリンク

4度目のがんとの闘病生活が公表された仁科亜希子さんですが、

元夫が電通の社員だった?

と噂されています。

真相に迫っていきたいとおもいます!

 

まず、

電通の社員だった?

と噂されているのは、仁科亜希子の2番目の旦那さんです。

 

1番目の旦那さんは、ご存知俳優の

松方弘樹(まつかた ひろき)さんです。

この松方さんとの結婚生活は20年弱続き、1998年に離婚が発表されました。

 

今回電通の社員?と噂されている2番目の旦那さんとは、

仁科亜希子さんが2011年2月に結婚をした一般男性のことです。

この男性とも結局はまた離婚してしまうのですが・・・

 

情報によると、お相手の一般男性はあの広告代理店最大手

電通の元スポーツ局幹部

ということだそうです。

 

電通は知らない人がいないくらいの大手企業で、社員の平均年収はなんと

1271万円

といいますから驚愕です(笑)

 

正直、年収1000万越えのサラリーマンなんてほんの日t歩握りなのに、会社内の社員の平均年収がその1000万円をはるかに超える1200万円台とは開いた口がふさがらないですよね。

 

そういえば、電通の社員といえばこんな方も電通の方と結婚されてますよね♪

木村多江が朝ドラに母役で出演!演技力は?身長・カップは?

 

また、一般男性は電通のスポーツ局幹部を務めたのち、電通の関連会社でCEO(最高経営責任者)を務めているとのことで、なんとその年収は

2000万円

とのことです。

起業をしたわけでもなく、サラリーマンからたたき上げで最高経営責任者にまで上り詰めて年収2000万円とは大したものですよね♪

サラリーマンの憧れ的な存在です。

 

しかし、結局はこの元電通社員とも2013年2月に離婚してしまいました。

『元電通社員』でも仁科亜希子さんのおめがねにはかなわなかったのでしょうか。

よく著名人が著名人と結婚するという話を耳にしますが、

やはり収入面や生活リズムなど、一般人とはかけ離れたレベルでしょうから、

一般人との結婚はあまりうまくいかないのかもしれませんね・・・

 

スポンサーリンク

 - 女優

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分