ユアプレ Your Place

【芥川賞作家】羽田圭介の食事が質素すぎる!? 驚愕の年収や驚きの自宅の家賃は!?

   

スポンサーリンク

こんにちは

今回は芥川賞作家の羽田圭介さんについての気になる話題について見ていきたいと思います。

芥川賞作家といえば、昨今はピースの又吉さんが一斉を風靡して有名ですが、羽田圭介さんもある意味有名なんです。

その理由は今回はフォーカスして行くこれらの話題のせいなんです。

・羽田圭介の食事が質素すぎる⁉︎

・羽田圭介の年収が驚愕の低さ⁉︎

・羽田圭介の自宅の家賃がすごい⁉︎

 

これらの話題によって有名な羽田圭介さん。

芥川賞を受賞したピースの又吉さんは、受賞によって印税収入など給料が上がったという話がありますから、芥川賞受賞作家さんは軒並み高収入なのかと思っていましたがどうやら違うようですよ。

どういうことなのか気になりますよね!

 

それでは、詳しく見て行く前にまずは羽田圭介さんのプロフィールを見ていきましょう!

 

羽田圭介のプロフィール

hada

・名前:羽田圭介 (はだけいすけ)

・生年月日:1985年10月19日(30歳)

・出身地:東京都

・最終学歴:明治大学商学部

・活動期間:2003年から現在

・主な受賞歴:文藝賞(2003年)

                  芥川龍之介賞(2015年)

 

羽田圭介さんは、2003年に文藝賞を受賞されていますが、この時羽田圭介さんはなんと高校生だったそうです。

当時17歳で文藝賞を受賞したそうで、17歳での受賞は史上三人目だったそうです。

ものすごい才能ですよね!

また、才能だけではなく運も味方につけているようで、幼少期に車に引かれたことがあるそうですが、奇跡的に命は助かったのだそうです。

大人になってからならまだしも、体重がまだ少ない幼少期に車に引かれながら助かるとはかなりの強運の持ち主ですよね!

 

それでは、そんんs才能と強運の持ち主である羽田圭介さんの食事が質素すぎるという話は一体どういうことなのか、見ていきましょう。

 

羽田圭介の食事が質素すぎる⁉︎

スポンサーリンク

芥川賞作家というとお屋敷のようなかなり家で和食の極みのような美味しい食事を食べているようなイメージがありますが、羽田圭介さんの場合は違います。

羽田圭介さんは現在独身で自炊生活をしているそうです。

それも毎日ほぼ同じようなメニューなんだそうで、中でもその食材が話題になっています。

その食材が“鶏ハム”です。

そうです、あのコンビニでよく売られている鶏ハムです。

その鶏ハムのサラダを毎日作っては食べているそうです。

それだけではさすがに質素すぎますので、お味噌汁とご飯をつけているのだとか。

1日だけならまだしもほぼ毎日このメニューを朝・昼・晩の三食食べているそうで、芥川賞受賞作家のイメージとはかけ離れたものですよね。

このメニューを作り続けるのもすごいですが、食べ続けるのもすごいですよね笑

 

羽田圭介の年収は驚愕の低さ??

2015年の芥川賞受賞作家は羽田圭介さんとピースの又吉直樹さんですが、著書の売り上げにかなり差があるんだそうです。

なんでも、ピースの又吉直樹さんの「火花」が240万部近く売れたのに対して、羽田圭介さんの作品である「スクラップ・アンド・ビルド」は16万部しか売れなかったとのこと。

現在電子書籍などが台頭してきて出版業界の現状は厳しくなっているのは確かで、16万部という売り上げもかなりの数であることは間違いないのですが、同じ芥川賞をとったピースの又吉直樹さんの作品の売り上げに対して10分の1にも満たないというのは羽田さんにとっても悲しい現実ですよね。

そんな売れない芥川賞受賞作家の羽田圭介さんですが、

年収はなんと400万円程度だそうです。

聞いてびっくりですが、これは一般的なサラリーマンの年収の平均となんら変わりません。

文藝賞を史上最年少の17歳で受賞し、芥川賞も受賞するという、作家界ではかなりの実力の持ち主であるのにもかかわらず、これだけの年収しかもらえていないのは驚愕ですね。

 

羽田圭介の自宅の家賃がすごい⁉︎

さて、年収400万円の芥川賞受賞作家羽田圭介さんですが、住んでいる自宅の家賃がすごいと話題です。

まぁ芥川賞の枠をはみ出ているような驚愕の年収の低さは先ほど見てきましたが、家賃もあまり高いところに住めるわけもなく、

現在住んでいる家の家賃は、7万8000円だそうです。

しかもこれがワンルームなんだそうです。

現在独身の羽田圭介さんですが、このワンルームで毎日鶏ハムサラダとご飯味噌汁を食べている姿がとても寂しいですね。

 

現在では、かなりの数のバラエティ番組に出演されていますので収入もそれなりに増えたのではないでしょうか。

これからも活躍されて芥川賞受賞作家らしい生活を送れるといいですよね!

スポンサーリンク

 - 芸能人

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 6 分