ユアプレ Your Place

狩野英孝の50TAってなに?名前の由来は?50TAのライブ動画を紹介!

   

スポンサーリンク

こんにちは!

最近、二股騒動で一瞬話題になった狩野英孝ですが、その話題への注目も落ち着いてしまってすっかり音沙汰がなくなってしまった狩野英孝さん。

その二股騒動の時、話題になったのがこちらの方。

狩野英孝の元カノ 加藤紗里がやばい! 熱愛の真相は? 窃盗疑惑や整形疑惑など

余談ですが、この方先日のマツコ・デラックスに出ていましたがマツコに攻められてましたね(笑)

売名行為だと騒がれた挙句あまり売れなかったというまさかの展開にかわいそうだと感じました・・・。

 

さて、そんな狩野英孝さんですが、

本日「金曜☆ロンドンハーツ/アメトーーク!」という番組に出演するそうです。

なんでも

あの伝説の勘違いアーティストの50TA

が復活するそうです。

51RQkK2O7tL

 

おそらく多くの方が「50TA」ってなんだ?と思っていることでしょうね(笑)

本当に一瞬の人気でしたから。

そこで今回は、そんな「50TAって何?」にお答えするべく記事を書いていきます。

 

狩野英孝の50TAってなに?名前の由来は?

スポンサーリンク

それでは、50TA についてまとめていきますね♪

『50TA』は、テレビ朝日の放送50周年記念として2009年2月に放送された

「ロンドンハーツ 50年に1人の勘違い男 ボク芸人やめますSP!」

の中で行われたドッキリ企画で誕生しました。

狩野英孝のアーティストになりたいという志に漬け込み楽曲製作からCD化さらにはライブまで行うという前代未聞のお金のかかったドッキリでした。

そこで、CD化の際にアーティスト名として狩野英孝に提示されたのが「50TA」というアーティスト名です。

読み方は「フィフティーエー」と読みます。

この「50TA」ですが

名前の由来は、『テレビ朝日50周年を略したもの』です。

しかし、狩野英孝本人は『Go Top Artist』ととらえており、その勘違いが話題になりました。

曲の製作が完了すると、実際の音楽番組『オンタマ』に嘘出演し、音楽観について熱く語るなど勘違いぶりが日本中の笑いを誘いました。

これ生で見てましたけど相当面白かったです。(笑)

ドッキリの締めとして、最後にライブコンサートを行うことになり、狩野英孝自信が作曲した楽曲を1000人という大聴衆の前で披露しました。

その際のMCでは、

「俺は一人じゃない、みんながいる」

「お笑いを捨て音楽一本で行く」

などと本物のアーティスト並みの勘違い発言を連発し、盛大に笑われていました。

そして、コンサートは最高潮に達したところで狩野英孝が花道に仕掛けられた落とし穴に落ちて終了。

そこで50TA企画がドッキリだったことを知る狩野英孝さんでした。

とここまで書いているだけでも笑ってしまいます。(笑)

 

50TAのミニライブの動画

ロンドンハーツ公式の50TAのライブ動画がこちらです。

こちらは期間限定配信になっていますので見逃さないようにしてくださいね!!

 

もう大爆笑ですね(笑)

マーライオンシンガポール♪

ってなんだよってかんじですね(笑)

紺だけファンが集まるのもすごいですよね♪

 

ちなみに「50TA」のCDとDVDは現在amazonで売られていますよ!

気になる方は是非チェックしてみてください!(^^♪

スポンサーリンク

 - 芸人

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 5 分